中島ゆみ子

ヴァイオリン アシスタント

中島ゆみ子 / violin

上尾市在住。

4歳からピアノを、7歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋女子高校音楽科を経て、桐朋学園音楽学部ヴァイオリン科を卒業。

その後、同大学研究科に進む。この間、ヴァイオリンを江藤俊哉、広瀬悦子の各氏に師事。
1980年、東京文化会館主催「新進音楽家デビューコンサート」に合格しソリストとしてデビューした後、1992年まで毎年リサイタルを開催。
1988年ヴィオッティ国際コンクール第3位入賞。

1990年にはフランス、プラード音楽祭にてジャンジャック・カントロフに師事し高い評価を得、音楽祭の室内楽コンサートに出演。

同年エンニオポリノコンクールで優勝。
1990年より2年間イタリアのミラノに留学し、フェリーチェ・クザーノのもと更に研鑽を積む。

1992年ストレーザ国際コンクールの室内楽(二重奏)の部で優勝。ガラコンサートでのモーツァルトの演奏は、好評を博した。1993年帰国後、2001年まで東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者を務める。

現在独立し、ソロ、室内楽の演奏活動に力を入れる傍ら、長年の経験を生かし在京オーケストラに客演首席として呼ばれ、多方面で活躍中。また「良い音楽を身近で」という目的で、「コリーナ・ヴェルデ・アンサンブル」を主宰している。彩カルテットメンバー。
オラトリオ・シンフォニカJAPANコンサートミストレス。

プロフィール

和田さやか / piano


和田さやか / piano

萩原淑子 / violin


萩原淑子 / violin

Eduard Okoun / violin


Eduard Okoun / violin

This is a unique website which will require a more modern browser to work! Please upgrade today!